夏休みの恒例締めくくり行事

子供たちが小学生になったころからUSJの年間パスポートを購入しています。参観日や運動会で振替休日になった日や、終業式などで早く終わった日はもちろんのこと、通年を通して通っているのですが、夏休みの終わりに家族4人で朝一番から夜の最後まで思いっきりパーク内で過ごすのが毎年恒例の夏休み締めくくりの行事となっています。
息子たちの身長も伸び、昔のように背が足りないからアトラクションにはまだ乗れない何ていうこともなくなったので、息子たちのリクエストに私たち親は引きずられるようにして、次から次へと違うアトラクションを周っています。
もちろん夏なので水にぬれるアトラクションも普通よりも盛大に水しぶきをあげているので、びしょ濡れになることもあります。息子たちは進んで濡れるのが分かっている座席に座りたがり、親公認の中、服のまま濡れている状態を楽しんでいます。
高校生になっても、それ以上になっても一緒に親と出かけてくれるのかどうか分かりませんが、出来るだけ長く家族の恒例行事として続けていきたいです。つむじの回りから始まる女性の抜け毛が気になります

最近の女子大生の髪色

私が大学生を見るたびに毎度思うことがある。そう、今どきの大学生(特に女子大学生)の髪の色がみな同じことである。なぜ、みな同じ色にしてしまうのであるのか。その色とは、何色かはっきり知らないが、明るい茶色である。なぜ女子大生はあの色にするのか。今どきのおしゃれ雑誌のかわいい女の子はみんなあの色にしているのか。それともあの色が自分に似合っているからなのか。しかし、染める前からあの色が自分に似合うのかなんてのは分かるはずがない。それができるなら日本の女子大生は相当センスの持っているエリート集団である。たまに、女子大生が固まって何かをしていることがある。彼女らの髪の毛が一か所にかたまり、一つの大きな塊になっていることがある。まるでそれは大きなキノコのようである。しかし食欲がそそることは一切ない。これは決して罵っているわけではない。ただただ、なぜなのかが知りたいのである。もちろん黒髪が好きな人はたくさんいる。彼女らを見ていると、日本人が日本人ではないようである。酸味を利用しておいしい飲み方を見つけて健康をキープしましょう